ぱっちりした目を実現

手術道具

目頭切開とは美容整形の一種で、その名の通りに目頭を切開する事を言います。この施術は美容目的で行なわれる事が多く、美容皮膚科や美容外科等が担当となります。 人間の目というものは、人によって形や大きさ等が違います。大きくパッチリとした目の人もいれば、切れ長のスッとした目の人もいます。ただ、日本においては一般的に、目は大きくパッチリしているほうが美しいと感じる人が多いです。そのため目の細い人は、目が細い事を悩んでいる場合も少なくないです。 こうした悩みを抱えている人の助けとなる方法の一つが、上記した目頭切開なのです。目頭切開を行なう事で、ある程度目を大きくする事が可能となります。また、必要に応じて二重瞼の手術等を組合わせる事で、より大きな目にする事も出来ます。

目頭切開の具体的な流れについてですが、まずは念入りなカウンセリングを行なう事から始まります。このカウンセリングの時に、自分の理想とする目の形等を伝える事が大切です。それ以外にも費用等に不安がある場合にも、相談しておく事が大切になります。病院スタッフは患者の話を聞いた上で、一番良い施術方法を提案してくれます。その提案に納得したら、実際の施術に入ります。 施術では最初に局所麻酔が行なわれます。これによって施術中に痛みを感じる心配は無くなります。麻酔が効いたところで、目頭の切開を行ないます。目頭切開とは、具体的には蒙古ヒダというヒダを切開するというものです。このヒダにメスを数ミリ入れて、透明な糸で数か所を縫い合わせます。これで施術は完了となります。 施術後は少し腫れる場合もありますが、時間が経てば落ち着いてきます。また、1週間ほどしたら抜糸をするので、再び病院を訪ねる必要があります。